住み込みもできて一日の仕事の流れも分かる旅館の求人

旅館の仕事は一日めまぐるしく準備に追われることになり、食事の時間や部屋の掃除のためのスタッフとしてパートでも募集がされていますが、住み込みでも採用がされています。 一日そこで暮らしながら仕事をするとなると一日の流れを知ることができ、朝はお客さんへの朝食の準備に始まることになります。その後にはチェックアウトのお会計を行い、お客さんがいなくなって空きとなった部屋の清掃と準備を行っていきます。玄関ホールや廊下、駐車場などの清掃も終了したら、あとはその日にチェックインをするお客さんを待つことになります。チェックイン作業とともに夕食の準備も進めることになり、その後には夕食の片づけや明日の朝食の準備をして一日の仕事が終わることになります。 たくさんの作業に追われることになりますが、最も重要なのがお客さんへのおもてなしです。作業にばかり気を取られることなく、お客さんを優先して明るく接することができれば、初心者でも働くことができます。

家事が得意な人であれば楽しみながら仕事ができる

旅館での仕事は、お客さんが泊まる部屋の準備や食事を提供することになるので、特別な仕事の経験がなくても家事が得意な人であれば求人でも喜ばれることになります。男性の中には、家事を全くしたことがないという人もおり、興味を持って求人に応募してもアピールをすることがないと感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、男性でも布団の上げ下げや宴会場のテーブルや椅子のセッティングなどの力仕事もあるので、助かる存在ともなってきます。 求人で求められることとしては、作業をてきぱきとこなすことができるかどうかも重要になってきますが、何よりもお客さんへのおもてなしができるかどうかが必要になります。笑顔を絶やさずにマナーを守って喜ばれるような接客ができることが条件となってきます。

住み込みもできるので遠方でも働ける

旅館の仕事に興味を持っていても、温泉街やリゾート地などでなければ自宅の近くに働く場所がないという人もいるでしょう。通うとなると通勤時間は長時間にもなってしまいますが、住み込みでも働くことができます。住むための部屋を用意してもらえるだけでなく水道光熱費も無料となり、食事も提供してもらえることから出費を大幅に抑えることに役立ってきます。 一日その場所で暮らしながら働くことになるので通勤時間がかかることもなく、またこまめに休みをもらえることもあります。お客さんに朝食を提供してチェックアウト作業を行い、部屋の掃除が終わった後には次のお客さんが来る夕方までには空き時間が出ることになります。この時間に長時間の休憩をもらえるとなると、部屋で体を休めながら無理なく働くことができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加