旅館求人のポイント、住み込みと場所

旅館求人の種類としては継続的に働いてもらうものとシーズン中だけ臨時で働いてもらうものの2種類があります。正規として働くのであれば継続的に雇用してもらうものを選ぶことになりますし、アルバイトやパートなどで一時的にお金を稼ぎたいといった場合にはシーズン中の臨時雇いを使うことになります。特に地方のリゾート地や観光地といったところではシーズン中は多くの人が利用するのでそのぶん臨時雇いが多く発生しますし、短期間の雇用ですから給料でも優遇されています。それらを利用することで効率よくお金を稼ぐ事ができますし、また遠方の場合においてはその職業の性質上、住み込みで働かせてくれるところもあります。また夏は避暑地、冬は温暖な場所を選ぶことで快適に1年を暮らすことができます。

旅館における仕事の内容について

旅館の仕事といってもさまざまですが正規の雇用を除けば雑用係的なものがほとんどで、実際に行ってみないとわからないといったところもあります。仕事の内容としては清潔な環境を保つための清掃、宿泊客に対する案内等の接客、食事関係として調理や配膳、片付けなどです。基本的に臨時雇いの場合には正規スタッフの下について作業を行うことになります。 正規スタッフとして雇われた場合にはそれらを学んで一人でこなせるようになる必要があります。このため経験者の方が優遇されますし、専門学校などで接客を学んできた場合にも優遇されますが、臨時雇いのアルバイトの場合にはそれほど経験は必要とされません。 勤務時間はやや変則的で多いのが中抜けシフトと呼ばれる午前と午後に分かれているものです。これは午前のチェックアウト時と午後のチェックインの時間を中心に働くというものです。また通常の日勤もありますし夜間を中心に働く短期間の夜勤もあります。

季節によるおすすめの場所について

アルバイトの求人の場合には季節を限定して出してくるのが一般的です。冬から春にかけては温泉地やスキーリゾートが中心です。特にスキーリゾートの場合には冬が稼ぎ時ですから多くの求人が見られますし、また住み込みが中心です。場所としては日本海側や東北、北海道などです。特に長野県や北海道はスキー場が多くあります。スキーを楽しみたいといった人はスキーリゾートを選べば休日にはスキーを楽しむことができます。 一方で夏はマリンレジャーや山が中心です。マリンレジャーでは沖縄など温暖な場所が中心ですし、山は長野のアルプスなどが有名です。特に長野は冬も夏もリゾートの地域として知られており交通の便利の良い地域です。いずれも都会から離れた場所にあるため住み込みが中心です。季節としては短いので給料面ではかなり優遇されているのも特徴です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加